お雛様 その3

今日もお雛様のシャドーボックス作品をご紹介します。シャドーボックスを作っているとお内裏様とお雛様の位置が違う絵柄があるのに気がつきました。そこで、調べてみました。京雛は向かって右側にお内裏様で左側がお雛様だそうです。それに対して関東雛は、向かって左側がお内裏様で右側がお雛様です。京雛の位置は御所における王座の位置に基づいているそうです。関東雛は、大正天皇が明治時代に西洋の流れを受けて儀礼である「右が上位」の考え方を取り入れられるようになったからだそうです。今回の画像のシャドーボックス作品は関東雛ですね。昨日アップしたシャドーボックス作品の画像は、関東雛と京雛がありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です